スポンサーリンク

サマーフェスティバルのミニゲーム攻略

前回のサマフェス同様ミニゲームがあります。2つクリアするとはちみつ3,000個+アバター2個貰えます。以降攻略方法です。

1個目:チャプター1-9 長老の家をクリアする 

チャプター1のボス手前の「長老の家」ステージをクリアします。※レイドは使わずに通常バトルでクリアしてみてください。

クリアするとハチが出てきます。

ハチをクリックするとパズルが出現します。でっかいハチをクリックすると隣接する小さいハチがぐるぐる回転しますので、

この配列するとクリアです。

アバターとはちみつ1,500個貰えます。

左下当たりにハチとお花畑が出現するので、中心の青いお花をクリックしましょう。

2個目:チャプター5

チャプター5に青い蓮畑が出現しますので、クリックします。

クリックすると青い蓮がヒュンヒュン咲きますので、咲いた順に蓮の葉をクリックしましょう。結構早いです。全部で5面あります。わから~ん!となったら適当な蓮の葉をクリックすると再度チャレンジできます。

2面以降のルート
2面
3面
4面
5面

アバターとはちみつ1,500個貰えます。

森の妖精さんが出てきてクリアです。

サマーフェスティバルのストーリー

ミニゲームのヒントになっています。釜野トメさんは誤訳かと思いますが、Kamano Tome って書いてあったのでトメ・カマノさん?面白いのでそのままにしています。

釜野トメさんの話

夏祭りの起源となった出来事は、はるか昔のこと。深い森の近くにある小さな町ウィルハイムには、質素で勤勉な人々が住み、簡素な家に住んでいました。今回のお話は、その中の一人、地元の収穫人である釜野トメさんのお話です。彼は他の人々と同じように、穏やかで平和な生活を送っていました。最愛の妻と一緒に3人の子供を育てながら、畑仕事をしていました。

温暖な気候の深い森は、肥沃な土壌で知られており、年に3回の収穫が可能です。そのため、世帯主は夜明けから日暮れまで土地を耕し、その果実を収穫していた。ある日、彼は人里離れた野原にマリニアという青い花が咲いているのに気がついた。その花は美しいが、麦を枯らしてしまうことが広く知られていた。収穫人にとっては畑がとても大事なのだ。畑仕事の道具を持って、意を決してその遠くの畑に出かけた。しかし、マリニアに群がる美しいミツバチの姿を見て、彼の足は止まった。このようなミツバチをこの森で見たことがある人はいない。トメは、花を傷つけて蜂を追い払うのは自分には無理だと思った。彼は後ろを振り返り、他の畑の仕事に出た。

数年が過ぎた頃。畑はすっかり花が茂り、あの素晴らしい昆虫の大群の住処となっていた。町の生活は相変わらず平穏だった…。しかし、ある夜、町に災いが訪れた。思いやりも慈悲も知らない魔女シルフィードが、すべての生命を抹殺するためにやってきたのだ。その最初の標的がウィルハイムだったのだ。

シルフィードの部隊が前進すると、森は轟音とざわめきに包まれた。町は眠っていた。折れた枝の音と控えめな声での罵声が、集落に近づいてくるモンスターの存在を知らせていた。釜野トメの家では、誰かが窓ガラスに小さな石を何千個も投げ入れているような、しつこい音が聞こえてきた。トメは寝返りを打っていた。一方、魔女の軍勢はすでに町に入り始めていた。トメの家の中の音が大きくなってきた。やむなくトメは起き上がって窓から覗いてみると、素晴らしいミツバチの大群が夢中でガラスにぶつかっているのが見えた。トメは彼らの横を見て、すべてを一度に悟った。街は攻撃されようとしていて、そのことをミツバチたちが警告してくれていたのだった。

一家が逃げ出したのは、シルフィードの召使が家に押し入る一瞬前だった。トメは足の速さで役場に駆けつけた。鐘楼に登って、鐘を鳴らし始めた。やがて町中の人が目を覚ました。その瞬間、鐘楼は文字通り蜂の雲に包まれた。辛うじて生き延びた収穫人は、多くのウィルハイムの住人を救った。町は壊滅的な打撃を受けたが、この幸運な救出劇の記憶は今も残っている。人々は大きな養蜂場を作り、マリニアを植えてミツバチを呼び寄せるようになりました。それ以来、彼らは太陽祭で地球上の生命と光を祝うようになりました

噂によると、長老の家の横を散歩すると、何か特別なものが見つかり、この信じられないような伝説に参加できるそうです。でも、それはたぶん、ただのおかしな話です。

森の妖精マリーの話

夏祭りの精神に則って、すべての行為、願い、努力は善良で高貴なものでなければならない。夏祭りの期間中の簡単な親切な行為が、マリーを救うかもしれない。マリーって誰?マリーとは?

カダン草原を流れる忘却の川には、世界で最も悲しい妖精が住んでいます。伝説によると、彼女はかつてマリニアにちなんでマリーと名づけられた普通の若い女性でした。大都市ストロングフォードに住んでいたマリーは、華やかでありながらとても内気な性格でした。その容姿と内気な性格のため、男性が苦手で、他の女の子と一緒にいることができませんでした。しかし、彼女は本当は友達を作りたかったのです。彼女はよく、同年代の若い女性たちと楽しんだり、自分の深い秘密を打ち明けたりすることを空想していました。

やがて数人の女の子が彼女と仲良くなり、マリーは大喜びしました。彼女の美しさに嫉妬した少女たちが、彼女を永遠に消し去ろうとしていたことも知らずに。

夏祭りの準備のために、マリー達はカダン雑木林で純白のユリを摘み、祭りのテーブルを飾ることにしました。彼女たちは、川岸を歩きながら、繊細な花を一輪ずつ摘んでいきました。

順調に花を摘んでいたその時、女の子達が突然マリーに向かって駆け寄り、彼女を水の中に突き落としました。その川の水は一口飲んだだけで物事をすぐに忘れてしまうので、マリーは自分が誰なのか、どこに住んでいるのかをすぐに忘れてしまいました。

それ以来、悲しい妖精のマリーは、川の中で誰かに助けてもらうのを待っています。青いマリニアが彼女の記憶を蘇らせてくれるかもしれませんが、そんな珍しい花をどこで探せばいいのでしょうか?

小さな町、ウィルハイムの奇跡的な救出劇を覚えている人なら、きっとマリーの記憶を取り戻す方法を見つけてくれるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました