スポンサーリンク

ギルド戦のメモ

ギルドによって方針は多々ありますが、こういう考え方もあるよ、ということで紹介しておきます。

ギルド戦ではマーサを外そう(攻撃時)

ある程度のパワー(30万以降)を持ったチームでの話です。

理由として、マーサがしぶとく生き残る&攻撃力の無いヒーローを延命させることによって、相手チームからポイントを全く取れず、さらにHP全回復させるからです。恐らく誰もが一度は経験したことがある負け方かと思います。

カークチームあるあるの状態です。カークが真っ先に死んだことによって火力0チーム化して負けが確定してます。ここから先は、相手チームがHPを回復していく様子を眺めつつ、じわじわと倒されていって、マーサが最後に残るパターンです。

結果、0ポイントで敗北します。ギルドメンバーから一番怒られるやつです・・・。パワーでは勝っていますが、マーサのパワーなんてあってないような物です。どうしてもヒーラー入れるならセレステがおすすめですが、きちんと育てないと一番最初に倒れるので注意です。ヒーラー無しでもオリバーやアクセルが育っていれば(紫・Lv100程度は欲しい)割りと持ちます。

ヒーロー戦は手動がおすすめ

ログを見ていると、手動なら勝てそうなのにな~という方が意外といます。スキル発動のタイミングがよく分からん!という場合は全員同時に発動させて瞬間火力で倒す、くらいの気持ちでいくと良いと思います。アーティファクトバフ全開アタックで誰も倒れない場合は、2分間戦っても誰も倒せないパターンが多いです。強くなって再戦しましょう。

タイタン戦もモロク・ノヴァのスタンやアラジのビームは手動が良いですが、現状タイタン戦は相性とトーテムの強さで大体決まってしまうので自動の方が多い印象です。私はトーテム貯め過ぎ死をよくしてしまうので専ら自動です。

ペット・カウンターヒーローを育てて得意な相手を増やす

上の画像では、魔法チーム用にアクセル・アイザック・セバスチャン(ヨルガン対策)。物理チーム用にはオリバー・顔無し・ヨルガンと、1体替えるだけで割りと勝てたりします。次はコーブスを入れてヤスミンチームに挑戦してみようかな~と考えるのも楽しいですよ。もちろん5体を極めていけば間違いなく強いんですが、どう頑張っても苦手なチームには勝てなかったり、果てしない道のりなので私は挫折しました。

ヤスミンやCrチーム→コーブス・ヘリオス、双子サトリ→セバスチャン、ODH→アイザック、カークチーム、ヤスミン・アンドヴァリなど。攻撃用ペットはアブソリュート前提ですが、アルバスやケインは結構怖いです。

同じところは2回攻撃しない(自由攻撃ギルドの場合)

言い換えますと、「勝てる自信がある相手と戦え」という無茶な話なんですが、上記のマーサを外す作戦と同じで、「1ポイントでも相手チームより多く獲ること」が大事なのは本当です。ギルドによる攻撃指示があるギルドなら悩みませんが、自由攻撃ってちょっと悩みます。

自分の戦力がギルド上位~中位なら、パワー差がちょっと上の相手を狙う

パワー差に余裕のある相手ばかり攻撃していると、自分よりパワーが下のギルドメンバーの攻撃する箇所を奪ってしまいます。それよりかは、できるだけポイントの獲れそうな少し相手を狙いましょう。運悪く負けてしまった場合、2回攻撃するのはおすすめしません。その数ポイントのために手数を消費するよりは、他の1ポイントでも多く獲れそうなところを狙いましょう。取りこぼした分は、パワーが下のメンバーにお掃除してもらうことも作戦のうちです

勝てそうな相手がいない時はお掃除役に回ろう。

「勝てる自信がある相手と戦え」と言われたところで、ゴールドリーグにもなるとパワーが圧倒的過ぎて、「誰と戦えば良いの・・・」と絶望することもしばしばです。そういう時は適当に突っ込むのではなくて時間が許す限り待って、他の人が取りこぼした箇所をフォローしましょう。重要な役目です。相手の残ったポイント+占拠ポイントを獲得できれば20ポイント以上稼げます。橋を攻撃する時はこのパターンが多いですね。橋を1回ずつタイタン主力メンバーが叩いて、残った分を他のメンバーがお掃除します。

こういう時日本人ギルドだと、大体21時には皆攻撃し終わっているので楽なんですが、多国籍ギルドは動きが遅いので、深夜2時、3時を回ることもあるので難しいですね。「Plese give red marks (instruction) by 15:00(UTC) in GW. I’m in Japan.」→『24時までに赤い印(指示)をください。私は日本にいますので』と私は事前にギルマスに伝えていました。いつもinstructionの綴りを忘れるのでred marks って言ってましたが通じます。

タイトルとURLをコピーしました